介護予防運動指導員 講座

介護予防運動指導員を目指そう!

 

高齢社会における新しい取り組みとして導入された介護予防ですが、介護予防の効果は劇的に現われているとは言い難いです。

 

むしろ要支援や要介護者が急増しています。

 

介護予防の効果を上げるためには、ご本人の意欲的な取り組みが大切なのです。

 

しかし、介護予防の大切さがわかっていても、ご本人が普段の生活の中で介護予防の行動を起こすのは難しく、また継続することも難しいものです。

 

介護予防運動指導員は、専門的な知識と技能を持って介護予防を推進する重要な役割を担っています。

 

介護予防運動指導員は、適切なケアマネジメントやエビデンスのあるケアの提供をすることで、ご本人の意欲を引き出し主体的に取り組めるようにし、健康で生き生きとその人らしく自立した生活を支援します。

 

平成20年からメタボリック症候群の予防検診が義務化されました。それに伴って、介護予防運動指導員は、多くの方が豊かな老後を過ごせるように、元気な方をも対象として介護予防を指導します。

 

既に取得されている資格に介護予防の知識と技術をプラスすることで、お仕事の幅を広げていただくことができます。

スポンサーリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 介護予防とは? 指導員の役割 講座の賢い選び方 無料資料を請求