介護予防運動指導員の役割

介護予防運動指導員の役割

介護予防運動指導員,講座

介護予防運動指導員は、介護の手を必要とすることもなく、また失われつつある健康を取り戻して自立した生活を送れるよう、効果的なトレーニングの指導や生活習慣の確立などサポートします。

 

 

いうなれば、介護予防運動指導員は、介護予防サービスの中心となるエキスパートの人材です。

 

 

介護予防運動指導員は、以下のような仕事を行います。

 

プログラム立案とトレーニング指導

対象者の目標に合わせた運動器の機能向上や転倒・尿失禁の予防などの介護予防のプログラムを立案します。

 

介護予防健診おたっしゃ21の実施

簡単な18項目の質問と3項目の体力測定を行います。

 

事前評価と事後評価

介護予防のプログラムの効果を明らかにするための評価を行います。

 

他との専門職との連携

医療・保健・福祉等の他の専門職との連携を図り効果的な介護予防プログラムを実施することができます。


スポンサーリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 介護予防とは? 指導員の役割 講座の賢い選び方 無料資料を請求