介護予防運動指導員 講座

介護予防とは?

介護予防運動指導員,講座

介護予防というのは、その字のごとく、高齢者が要介護状態にならないように予防することを言います。
また、要介護状態なったしても、これ以上悪化せずに改善していくことも、介護予防の意味として捉えています。

 

 

なぜ、今の時代に介護予防が必要なのか、その背景を知っておくことで、介護予防の重要性が見えてくると思います。

 

 

今、あなたに考えてほしいことは、自分が高齢者になった時のことです。
年を取っても、「いきいき」とした生活を過ごしたいのですが、「認知症」、「寝たきりや車椅子生活」などといった「老い」への不安。

 

 

心身ともに健康で、いつまでも自分らしく楽しく暮らしたいものです。
もちろん、最期の時は大切な家族に囲まれて安らかに迎えたいものです。

 

 

しかし、実際は誰でも身体や精神が衰えてきます。場合によっては、家族や親戚に介護をしてもらうこともあるでしょう。

 

 

「いきいき」とした生活が送れるようにするには、介護を必要としない健康な心身をいつまでも続けることです。
ずっと介護を必要とする状態にならないこと、また老化によって低下した心身の機能を再び取り戻すために登場したのが介護予防です。


スポンサーリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 介護予防とは? 指導員の役割 講座の賢い選び方 無料資料を請求